せいぎのみかたが出てくるアニメやドラマってありますよね。
ヒーローやヒロイン。カッコイイですよね。

みなさん、せいぎのみかたに会ってみたいですか?

せいぎのみかたが、でてくる時ってどんな時でしょう?
「大事件」や「大事故」が起きた時ですね。
もうすっかりいろんな人たちや、町や建物が悪者にやられちゃってからですよね。

もし、じぶんがわるものにやられたり、みんなのウチがこわれてから、せいぎのみかたが出てきたら、「どうして、もっと早く来てくれないの?」「おそいよ~っ!」って思いませんか?

アニメやドラマではほとんど見ることはないけど、こわれたものやたてものは、しゅうりしたり、たてなおしたりしなくてはいけません。
ケガだってびょういんにいってちりょうして、治ればいいけど治らないこともあるかもしれないし、もし死んでしまったらもうそこでおしまいです。

せいぎのみかたが来てくれても、けっきょくみんなは、なにかしらの被害を受けてしまっていていて、それをもとにもどすためには、とてもとても大きなエネルギーがひつようになるんです。

じつは、せいぎのみかたがきてくれても、「事件」や「事故」っていうのは、ぼくらにとってたいへんな出来事のままなんです。

だったら、はじめから「事件」や「事故」にあわないほうがいいと思いませんか?


さて。

たとえば、じっさいにみんなの近くにいるせいぎのみかたっていうのは、おまわりさんだったり、しょうぼうしさんだったりしますね。

やっぱり、せいぎのみかたが出てくるときっていうのは、「どろぼう」や「ごうとう」がでたあとだったり、「火事」で家が燃えてたりだったり。

じつは、「わるもの」におそわれたり、「ケガ」や「びょうき」でどうにもならなくなってたり、とんでもなく困ってる、たすけてもらわなきゃいけない時、やっぱり「事件」や「事故」がおきてからなんですよね。

そしてその「事件」や「事故」でうけたひがいは、なんとかしてとりもどさなきゃいけないし、とりもどせないものだってあるでしょう。

さて。

みんなは、そんな困ったことになってもかまわないですか?
「事件」や「事故」にあってもかまわないですか?
せいぎのみかたが来てくれるから、ぜんぜんだいじょうぶですか?

ぼくはせいぎのみかたに会いたい気もするけど、「事件」や「事故」にあったり、困ったことになるのはすごくいやです。「事件」や「事故」で、かぞくやともだちがケガをしたり、死んでしまったりなんて絶対に見たくないです。

どうせなら、ちょっとめんどくさいこともあるかもしれないけど、、ふだんから「事件」や「事故」にあわないようなしておいたほうが、けっきょく、かんたんだし、しあわせだと思いませんか?

ほんとうに、幸せで楽しいのは、せいぎのみかたには会えないかもしれないけど、事件や事故などにあわずに、いつものとおり、たのしく、みんなで過ごせることだと思います。

そんな事件や事故にあわないように、いろいろな準備をしておくことが、予防(よぼう)という考え方です。

つまり、これって、安全に、たのしく、まいにちをすごしましょうっていうことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です